警戒区域内家畜保護管理プロジェクト

「2011年3月11日以降、東京電力福島第一原子力発電所20km圏内には、ヒトの管理下にある応用動物が数多く取り残されました。イヌ・ネコ(家庭動物)そしてウマ(展示動物)の一部は救出され、ブタとニワトリは餓死あるいは殺処分されました。しかし、生き延びたウシを、政府の指示とは言え、農家の多くは即座に殺処分には合意できてはおらず、未だに一部が生存しています。日本人にとってウシは、歴史的に見れば農耕作業を協働して行ってきた仲間であり、意識的には西洋人の考える肉や乳を生産する単なる産業動物ではありません。ヒトからの管理を離れ、低線量被爆を受け続けているウシを、動物愛護・福祉の観点から、生体保存する道を探るべく、応用動物の行動研究を担ってきた自負の基に、本学会は特命チームを結成し、活動することを決定しました。」

警戒区域内家畜保護管理特命チームHPへ